スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月27日(日) くもり 5年7か月目 
このところ本気でアメリカミズアブの幼虫を探していなかった。
満を持して久しぶりにミズアブを探す。
おお,いる。
ようやく6匹ほど見つけてカメコに与える。
カメコの食事光景はこちら
ミズアブにとっては生まれた場所の悲劇で災難なことだが,こちらとしては無駄な殺生をしなくてすむようになり,一安心だ。
ミミズコンポスト同好の士,bennyさんは鯉に与えているという。
鯉が大丈夫なら小さめのものなら金魚も大丈夫だろう。
ミズアブの処理に一定の活路を見出したこのごろだ。
こんな騒ぎとは無関係にミミズは秋の味覚の葡萄や桃などの甘い皮を黙々と食べ続けている。
 
トラックバックありがとうございます。 
WAKAさん、こんにちは。
記事にリンクまでして頂き、ありがとうございます!
「グルメなカメコ」の記事も読ませて頂きました。
ミズアブにその他幼虫に、ナメクジ…かなりのグルメです。
それと、WAKAさんが金魚やメダカまで飼っていらっしゃる事に驚きました。
お花の方も本格派だし、頭の下がる思いです。
bennyさん 
いえいえ,一応主婦らしきこともしておりますので人間の餌のほうが大変ですわ。
金魚は子どもがもらってきたものが産卵し,無事育った2代目が何年いるの?というような状態で生き残りの2匹が可愛げない図体でのさばっています。
メダカは餌もやらずにひたすらボウフラ駆除のために飼われています。
気がつくと数が減っています・・・(汗)
カメコも子どもがもらってきました。
管理はすべて私です(涙)
犬や猫を飼っている人には全然及びません。
secret

trackback url
http://mimizu.blog10.fc2.com/tb.php/219-6353ac5b
常連の方なら私が残菜を利用してミミズ堆肥を作っていること,イシガメのカメコを飼っていることはご存知でしょう。別サイトの「蚯蚓日記」(気色悪い画像がたくさんありますのでご注意ください)での最近の話題は堆肥の中に発生したアメリカミズアブの幼虫の処分法について

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。