スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
7月31日(土) くもり 9年6か月目 
7月中ばに梅雨が明けた。
以来猛暑日を含む真夏日が続き,夜は熱帯夜の日々だ。
ずっと雨が降らなかった。
毎日風呂の残り湯をバケツに汲んでえっちらおっちら運んで植木の水遣り。
なんとかしてほしいと願っていたら,ようやく雨が降った。
降れば降ったで土砂降りの雨。
少しは加減というものを考えて欲しいものだ。
雨が降ればお決まりの液肥取り。
ついでにトレイの点検。
アメリカミズアブの幼虫はいない模様。
他にも問題はなさそう。
液肥はたっぷり取れた。
早速水遣りの水と一緒にまいてしまう。
3段目のトレイは完全に堆肥になった。
2段目もかなりできているが嵩がかなり減ってしまった。
ということで1段目から野菜くずを移してそれなりに増やす。
1段目はおかげでかなり減ってしまう。
投入する野菜くずの量とミミズの食欲が比例せず,餌不足の状態だ。
せっせと野菜を採ろうとするがなかなか・・・
スポンサーサイト
7月10日(土) 晴れ 9年5か月目 
相変わらず梅雨である。
じめじめの毎日だ。
トレイを開けると見事なキノコが育っていた。
しばし私は何のためにキャノワームを管理しているのだろうと考える。
キノコは必要ないはずなのに。
どこからやってきたのやら。
菌の世界は奥深い。
近くには明日開くであろうキノコの赤ちゃんもいる。
こちらは根こそぎ削除。
写真の横に見える白いものはカビである。
またまたいろいろな菌の侵食を許すばかり。
ついでに小さなアリも歩いている。
女王アリがいなければまあ大目に見てやろう。
今のところアメリカミズアブの侵略はないようだがいろいろな生き物と共存しているミミズ達だ。

キノコ

キノコの赤ちゃん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。