スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月15日(日) 晴れ 7年4か月目 
このところ梅雨の中休みといった様子で爽やかな日が続いている。
雨が続くのはうれしくないが花の水遣りから開放されるのはありがたい。
晴れれば水遣りをしなくてはならない。
水遣りついでに液肥をとることにしよう。
先日の雨で液肥はたっぷり。
そしてたくさんのチョウバエに驚く。
以前はショウジョウバエに悩まされていて,ようやくいなくなったと思えばチョウバエだ。
翅が蝶のようだから「チョウバエ」。
名前は可愛いがハエはハエだ。
あまりいてほしい虫ではない。
それも一番下の液肥トレイにいるというのはどういうことだろう。
チョウバエはじめじめした環境を好むとは聞いていたが液体ばかりのところというのはいかがなものか。
トレイの側面にとまっているのはわかるが水面にとまっているものもいる。
比重が軽いせいもあるだろうが表面張力で水面にいるのはなんだか変だ。
側面のチョウバエの横に小さなツブツブがある。
これってもしかしてチョウバエの卵だろうか?
できるだけ駆除したがこの先もチョウバエの天下が続くのだろうか。
キャノワームはミミズだけの生活の場ではないらしい。
トレイを動かした際,一応アメリカミズアブの幼虫を探したがみつからない。
気温が上がって食欲旺盛なカメコのごはんは欲しいのだが。

水面のチョウバエ

チョウバエと謎のツブツブ
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。