スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月30日(水) 晴れ 7年3か月目 
この4月はとても雨の多い月だった。
気象庁の記録によると東京では平年は1か月の降水量が130mmであるのに対し,2008年4月は240mmを記録し,観測史上最高を記録したという。
ミミズにとっては過ごしやすかったかもしれないが人間にとってはあまり喜ばしいことではない。
植物にも影響があったことだろう。
実際の作業としてはミミズの液肥がたくさん取れた。
普段は植木の水遣りの水に混ぜて使うのだが雨が多いと水遣りの回数も減る。
バケツに入れた液肥がそのままになっている日が続く。
よく見るとボウフラらしき小さい生き物がたくさんいる。
ここにきてようやく晴れベースになり,今度は水遣りが欠かせなくなった。
雨が多いのは嫌だといいながら花の水遣りは面倒だと愚痴る困ったヤツである。
風呂の残り湯をバケツに入れ,両方に6~7リットルの水をよっこらしょと運び,液肥を加えて植物に与える。
残り湯を使うのはいろいろな意味でエコロジー。
大変だけどこれは少しは自慢できるかも。
ボウフラも植物の根元に流れていってしまった。
液肥を取ったついでに堆肥の様子もチェックする。
3段目は完全に堆肥となり,スタンバイOK。
いつでも使えるが古い堆肥が残っているうえ,上のトレイはまだまだなのでそのままにしておく。
堆肥になってしまえばミミズは食べるものがなくなり,上の段に移るだろうという算段だ。
3段目の中を見ると小さいレモンイエローの粒があちらこちらにある。
これぞミミズの卵である。
堆肥デビューを待つ場所で赤ちゃんミミズが誕生しても有効利用ができなくなってしまう。
卵は自分で移動してくれないので気がついた卵は上段につまんで移す。
ちまちまとした作業はキリがない。
ついでにアメリカミズアブの幼虫やさなぎも発見。
こちらはカメコの餌になるべくカメコの水槽へポイポイ。
卵が無事孵って新しいミミズに更新していきますように。
ミミズが合体している場所にも出くわす。
ミミズは雌雄同体だが相手がいないと卵は生まれないらしい。
こういう生態も詳しく調べるとキリがない。
お邪魔さま~と言いながらついつい眺めている私である。

ミミズの卵

ミミズ合体中
スポンサーサイト
4月14日(月) 雨のち晴れ 7年2か月目 
このところ雨が多く,晴れが続かない。
それもスコールのような土砂降りが多く,熱帯化が進んでいるのか気になるところだ。
乾燥に弱いミミズにとっては大量の雨は嬉しいのだろうか。
そんなことを思いつつ蓋を開けるとカビが大量に発生している。
気温が上がってきたので蒸れてしまったようだ。
灰色のもじゃもじゃの先の黒い胞子がなかなかすごい。
ひえーっと思いながらもそのままスルー。
2段目はミミズが大量に渦巻いている。
堆肥化はかなり進み,サラサラの堆肥になっている。
いかんせん量が少ない。
3段目はほぼ堆肥として完成している。
もう使える状態だが古い堆肥がまだ残っているうえ,2段目がまだ少ないのでもうしばらくこのまま待機する。
4段目の液肥トレイはなみなみと液肥がたっぷり。
底のほうはドロっとしており,堆肥が落ちてしまったようだ。
とりあえず液肥はバケツに移し,3段目のトレイをセット。
セットする前に底を見るとミズアブの幼虫を発見。
引っ張り出してカメコの水槽に入れる。
暖かくなってカメコの食欲が出てきた。
冬眠中は「生きているのか」と心配しながら見ているが,食べられるようになれば一安心。
今年もカメコは無事冬越しができて元気である。
2段目に1段目からカビていない部分を移動させる。
かなりたっぷり入れたので今度こそこれで完成の量としたい。
1段目のカビはかき混ぜてなかったことに(笑)
上から堆肥の養分が入ったドロドロの液肥をかければカビの発生を抑えられるだろうか。
(たいした根拠なし)
トレイをセットすると足元に置いていたトレイの下から逃げ出したミミズがたくさん。
逃げられてたまるものかと必死でかき集めてトレイに納める。

カビ

カビ

2段目

3段目

液肥トレイ

逃亡ミミズ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。