スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月21日(日) 晴れ 6年9か月目 
10月初めまではセミが鳴いていたが今はすっかり秋だ。
カメコの食欲が落ちてきて冬眠の準備に入りつつある。
動物の生態は正直だと感心する。
カレンダーも新聞もないのにきちんと季節の移ろいを知っているのだから。
1段目のトレイの中身がだいぶ貯まったのでトレイの移動を行う。
憎きアメリカミズアブ(そこまで嫌わなくてもいいのだが)の成虫がいる。
箸の探査を潜り抜けて成虫になった模様。
思わずつまんでウツボカズラのツボに放り込む(そこまでするか)。
2段目はもう堆肥にしてもいい状態になっている。
3段目はすっかり堆肥が完成している。
食べるものがないせいかミミズは餌のある上段に移動したらしく3段目のトレイにミミズの姿はない。
何故か蜘蛛が巣を張っている。
獲物がいるのだろうか。
蜘蛛は堆肥を取り出しているうちにどこかに消えていった。
液肥トレイにはたっぷりの液肥ができている。
液肥は雨の後などに回収していたが,今回もたっぷりと溜まっていた。
液肥トレイの中にもミミズはいない。
代わりにアメリカミズアブの幼虫が土左衛門になっている。
堆肥の中から脱出口を捜しているうちに落ちてしまったのだろう。
お気の毒ともいえるがこれもまた運命だろう。
あとはたくさんのチョウバエの死骸。
こちらも辿り着いたところがここだったようだ。
液肥はバケツに移し,3段目のトレイの中身を空にする。
今まで2段目にあったトレイを3段目に置き,その上に1段目だったトレイを重ねる。
その上に空のトレイを置いて作業は終了。
また新たな気分で餌(野菜くず)を投入していく。
次に堆肥を取り出すのは来年の春だろうか。
取り出した堆肥は早速秋植え球根の用土に使う。
液肥は水遣り用の風呂の残り湯に混ぜて植物に与える。
元気に育って綺麗な花を咲かせて欲しい。

1段目

アメリカミズアブの成虫

2段目

3段目

蜘蛛

液肥トレイ

空になった3段目を一番上に
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。