スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月20日(月) 5年8か月目 
10月15日に堆肥を取り出し,空になったトレイは外しておいた。
上段の野菜くずもだいぶ貯まったのでその上に重ねる。
また3段重ねにして再出発だ。
冬場は鍋などが多く,野菜くずも多いのでトレイの中身は早めに貯まる。
春の植え替えに向けて堆肥の元をせっせと投入している。
スポンサーサイト
10月17日(火) 5年8か月目 
またアメリカミズアブの卵を見つける。
トレイの縁についているのだが,周囲を確認すると蓋の内側にもしっかりついている。
思わぬとところにもあるものだ。
油断ならない。

アメリカミズアブの卵

トレイの蓋にも卵が!
10月15日(日) くもり 5年8か月目 
秋の植え替えのシーズンとなってきた。
また堆肥デビューをしよう。
振り返れば前回堆肥としてトレイを空けたのは2月11日のことである。
それから8か月,別にさぼっていたわけではないが堆肥を新たに利用するほどではなかった。
というよりも2月に回収した大袋一つ分の堆肥を植え替えの度に少しずつ利用していたのだが,使い切るのに今までかかっていたのだ。
自分なりには使っているつもりだったがここまで残っていたとは使い方も考えないといけないようだ。
中身を空ける前にトレイの確認。
1段目は野菜くずを逐次投入中。
満杯になるにはまだ当分かかりそう。
2段目はすでに堆肥が完成しつつある。
3段目も堆肥デビューを待っている状態だ。
液肥に落ちてしまうのか量はかなり少ない。
約4cm,大袋半分の量だ。
3段目の堆肥の中にいるミミズを箸で探って1段目のトレイに移す。
丸々と肥えたミミズは「もしかしてフトミミズ?」と問いたくなるような立派な姿をしている。
このようなミミズの働きによって野菜くずが立派な堆肥となっていく。
ささやかなことだがゴミを減らし,植物にも栄養を与えることができる。
それがすべてお金も動力もかけずに作られていることに改めて感謝している。

1段目

2段目

3段目

ふかふか堆肥は約4cm

太ったシマミミズ
10月2日(月) 雨のちくもりのち雨 5年8か月目 
気がつけば10月,今年もあと3か月となった。
日暮れが早くなって涼しくなると季節の移ろいを感じる。
ミミズに大きな変化はない。
元気にひたすら餌を食べ続けている。
今朝も餌となる野菜くずなどを投入すべく蓋を開ける。
なんと蓋の縁にアメリカミズアブの卵が!
慌ててぬぐい取るが少しは残っているかもしれない。
卵があったのは蓋の側でトレイを見ただけでは見落としかねない。
どうしてこの場所を見つけて産卵するのだろう。
敵もさるものだ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。