スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8月28日(月) くもり 5年7か月目 
カメコは餌を与えると生餌が欲しいという顔をする。
そんなに都合よくミズアブの幼虫や他の虫がいるわけではなく,
乾燥餌で我慢してもらうが舌が肥えるというもの困ったものだ。
カメコの水槽の隣には食べきれないほどのご馳走であるミミズがいるのだが。
それはできないと自分に言い聞かせている。

とうもろこしを食べたので芯の部分をキャノワームに入れてみた。
半日ほど経ってから見てみると,小さい虫がたくさんついている。
よく見ると残っていた胚の部分をかじっているようだ。
今回は大きい画像の写真を載せたのでクリックして拡大してご覧いただきたい。
この小さな虫は何だろう?
よくわからない(調べてもいない)。
これで成虫なのだろうか。
いずれにしてもミミズとは関係なさそうなので芯ごと回収する。
芯の下にはミミズがたくさん。
見えないところから味わっていたのだろうか。
ちょっと可哀想だが闖入者は駆除の方針は変えられない。

とうもろこしを食べる謎の小虫
スポンサーサイト
8月27日(日) くもり 5年7か月目 
このところ本気でアメリカミズアブの幼虫を探していなかった。
満を持して久しぶりにミズアブを探す。
おお,いる。
ようやく6匹ほど見つけてカメコに与える。
カメコの食事光景はこちら
ミズアブにとっては生まれた場所の悲劇で災難なことだが,こちらとしては無駄な殺生をしなくてすむようになり,一安心だ。
ミミズコンポスト同好の士,bennyさんは鯉に与えているという。
鯉が大丈夫なら小さめのものなら金魚も大丈夫だろう。
ミズアブの処理に一定の活路を見出したこのごろだ。
こんな騒ぎとは無関係にミミズは秋の味覚の葡萄や桃などの甘い皮を黙々と食べ続けている。
8月21日(月) 晴れ 5年7か月目 
お盆が過ぎ,気温の高い毎日でもミミズは絶好調だ。
新鮮な餌(残菜)を求めて群がるミミズの様子は壮観だ。
そんな中にアメリカミズアブの幼虫を探す。
なかなかいない。
小さいものを見つけるともっと大きい方が・・・などとよからぬ方向へ。
2段目のトレイまで探して見つけたミズアブ2匹。
早速カメコに奉納する。
嬉しそうに食べるカメコ。
こちらも面白がって動画まで撮ってみた。
動画を撮影するなんてほとんどないのでピンボケで恥ずかしいかぎりだがお暇でしたらご覧ください。
ここに載せると主役の場が危うくなるので別ページにて。
8月14日(月) 晴れ 5年6か月目 
朝,トレイの蓋を開けるとミミズが1か所に集中していた。
壮観な眺めにカメラを取りに走る。
多分桃の皮に群がっているのだろう。
あっ,アメリカミズアブの幼虫もいる。
カメラを向けているうちにもぐりこんでどこかに行ってしまった。
朝は時間もないのでそこで断念。
夕方もう一度ミズアブの幼虫を探す。
ようやく2匹みつけてイシガメのカメコの水槽に放り込む。
いつも食べている乾燥餌は水面に浮くが幼虫は沈んでしまう。
ようやく気がついてぱくりと満足そう。
もっとくれとアピールしてくる。
退治ができてカメコが喜ぶとは一石二鳥。
こうなるともっとミズアブがいるといいのにとわがままばかり。

ミミズ魂
8月10日(木) 晴れ 5年6か月目 
1週間ほど留守にしていた。
久しぶりにトレイの蓋を開けると全体が黒っぽく残菜がほとんど消化されていた。
また新たに残菜を入れて再スタートだ。
ちょうど桃の皮を剥いたので刻んで入れる。
翌朝見ると桃の皮の付近にミミズが集まっていた。
やはり新鮮で甘い皮は好きなのだろう。
ミミズご一行の中にアメリカミズアブの幼虫が!
取扱説明書によるとお盆の頃に発生しやすいとの通り,きちんとお盆を狙って登場した。
慌てて写真を撮ってみたがピンボケばかり・・・
少し退いた写真の中央にいるころんとした物体だ。
周囲は桃の皮である。
ミズアブの幼虫を見ていると,最近お友達のサイトで話題になっている「ハニーワーム」と比べてしまう。
ハニーワームは蜂の巣に寄生するハチノスツヅリガの幼虫で,小動物の餌として販売されている。
ミズアブの幼虫も似たようなものなのだが・・・
発生するときは売れるくらいうじゃうじゃいるのだがいないときは全く出てこない。
安定した数量を確保しなくては販売もできそうにない。
ハニーワームをネット販売しているお店のサイトを見るとショウジョウバエやゴキブリまで扱っている。
こんなもので商売ができるとは・・・
美味しそうにハニーワームを食べるイワリスの俵太はマロさんに可愛がられて幸せそう。
ふとキャノワームの隣に置いてあるクサガメのカメコの水槽に目がいく。
カメコにも動物性たんぱく質を与えたほうがいいだろう。
普段は乾燥したカメ用の餌とたまにホテイアオイを放り込まれて食べている。
冬は冬眠して一切食事をしない分,夏場の食欲は旺盛だ。
このミズアブの幼虫を与えたらどうだろう・・・
今回見つけたミズアブの幼虫は撮影後,すぐに潰してしまった。
改めて探すといない。
ミミズも釣りの餌になるし,もしかして・・・
手元のミミズを1匹カメコの水槽に放り込んだ。
カメコは嬉しそうに,そして美味しそうにミミズをぱくっと口にした。

中央にミズアブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。