スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月27日(土) 雨 5年4か月目 
今年はショウジョウバエの発生ばかりが目立っていたが,ついに大物も登場しはじめた。
ミズアブである。
さなぎは今までもいくつか発見し,駆除していたが私の目をくぐりぬけて成虫になるとはさすがである。
私の目などザル同様であるが。
写真を撮ったときは「また来たな~」と眺めていたが,改めて写真を見るとなんだか今までと違う。
全体に黄色っぽい。
去年の写真と見比べて欲しい。
これもアメリカミズアブなのだろうか。
違うとすればいったい何?
とにかくトレイの外に追い出した。
今年初のミズアブなので極刑には処さずに放置していたら翌日もそのままトレイの近くでうろうろしていた。
飛ばないアブかしら?
上の写真が今年初のアブで5月22日撮影。
下が26日撮影。
違うアブだがどちらも黄色い。
今年の流行色?(違いますって)

ミズアブ? 5/22

ミズアブ? 5/26
スポンサーサイト
5月19日(金) くもり時々雨 5年3か月目 
近頃は梅雨の走りのような雨の日が続いている。
ミミズは雨が好きで相変わらず元気だ。
それに増して元気なのがショウジョウバエだ。
餌を入れようと蓋を開けるたびにぶーんと飛び交うショウジョウバエ。
多少のものは許容しているつもりだ。
だが今朝は合体しながら動き回る2匹を発見。
ショウジョウバエは小さくて個人的には「コバエ」と呼んでいるがコバエはこの大きさで成虫なのかと再認識。
これではコバエを飼うためのトレイになってしまうかも。
うーむ,ミミズの話題はないのだろうか。

また合体写真・ピンボケ御免

5月6日(土) 晴れ 5年3か月目 
日記をサボって1か月が経っていた。
もちろんミミズの世話はそれなりにやっていた。
最近はショウジョウバエがたくさん発生して迷惑している。
勝手に卵が混入して生まれてしまうのだから困ってしまう。
さなぎや幼虫を見つけると取り除くのがせめてもの防衛策だ。
ある程度は仕方ないと説明書にあるので我慢するしかない。
現在のところアメリカミズアブは登場していないのがせめてもの救いだ。
久しぶりに液肥をとろうとトレイを動かす。
本来はもっと早くにやらなければならないのだが,多忙に紛れて後回しになっていた。
1段目と2段目のトレイをまとめて外し,3段目をぱっと見ると目立つところに大きなミミズがいる。
それも2匹がくっついている。
うーん,これは・・・
昨日もこんな様子を見て今日はこれ・・・
こんな季節なのだと思うしかないようだ。
ミミズは雌雄同体で2匹いれば生殖は可能になるらしい。
なにはともあれ子孫はたくさん増やして欲しい。

たぶん交尾中

交尾中その2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。