スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月3日(月) 晴れ 5年2か月目 
昨日の夕方は雷混じりの激しい雨が降った。
雨が降るとミミズは活発になる。
翌朝の今朝,餌を入れるために蓋を開けてびっくり。
夥しい量の赤ちゃんミミズ。
こんなにいたのーと思わず声をあげる。
すかさずカメラを取りに走る。
1日に液肥のトレイを空けた際に液肥の底にたまった泥状の堆肥を1番上のトレイにかけるように入れた。
その泥液肥にたくさんの赤ちゃんミミズがいたのだろう。
嫌いな人には発狂しそうなミミズの量である。
興味のある人だけ写真をクリックして拡大してご覧いただきたい。

大量の赤ちゃんミミズ

朝日を受ける赤ちゃんミミズ
スポンサーサイト
4月1日(土) 晴れ 5年2か月目 
東京は桜が満開で春らんまんの日々を送っている。
暖かくなるにつれ,虫たちの活動も本格的になってきた。
水槽のカメコも久しぶりに水を換えて日光浴する。
ようやく冬眠から覚めてこちらも本格的に動き出した。
キャノワームの中のミミズも元気だ。
だがミミズの活動より目立つのがコバエことショウジョウバエだ。
蓋を開けると数匹が飛び回っている。
キャノワームにショウジョウバエはつきもので気にしなくていい,とは聞いているがハエがいるのはやはりうれしくない。
久しぶりに中身の確認と2段目を開けると米粒大の茶色い物体が!
これぞショウジョウバエのさなぎだ。
それなりにある。
取り除きたいが小さくて全部は無理だ。
見ていると白いモゾモゾしたものも。
さなぎになる前のいわゆるウジムシだろう。
写真を撮ろうと平らな部分に置くとさなぎはじっとしているが(当然だが)ウジムシはすたこらさっさと逃げようとする。
ウジムシも捕獲してゴミ袋へ入れる。
3段目を開けてさなぎがないか探してみると今度はアメリカミズアブの幼虫が。
こちらも活動開始のようである。
暖かくなってキャノワームと虫との闘いがまた始まった。

ショウジョウバエのさなぎ

さなぎとウジムシ

アメリカミズアブの幼虫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。