スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12月23日(金) 晴れ 4年11か月目 
ずいぶん更新をさぼってしまった。
タイトルは「日記」だが「月記」くらいのペースでここまで続けてきたのでこんなものと思っていただきたい。
今年の秋,知らないうちにトマトのタネが発芽してぐんぐん成長した。
花もたくさん咲いて実もなり,赤くなるのを楽しみにしていたがスタートが遅かったため赤くなる前に冬となってしまった。
青いトマトを収穫して使い道に悩む。
ピクルスにするといいと聞き,ネットで調べて作ってみた。
現在は寝かしてある。
果てさて美味しくできるだろうか。
それでも残ったトマト。
傷がついたものもあり,そのままにしておいたものは変色してきたりで食べるにはどうかという状態になってきた。
そうだ,人間は食べなくてもミミズは食べるかもしれない。
ゴミにせずに処分できて堆肥の原料になって一石二鳥だ。
我ながらグッドアイディア。
原形のまま入れると消化するのが大変なので細かく刻む。
そのとき便利なのがフードプロセッサー。
ヘタをとって八つ割りくらいにしたトマトをセットしてスイッチを入れるだけ。
細かくしすぎない程度でやめてミミズのトレイに入れる。
トレイの表面は緑色で敷き詰められてしまった。
餌もだいぶ入って一番上のトレイもかなり重たくなってきた。
年明けにはバラの植え替えがあるので3段目の堆肥を利用しようと思う。
久しぶりに全体のチェックをする。
2段目もかなり原形が消え,黒っぽくなってきた。
かさは約6cmで変化はあまりない。
液肥トレイは少し液肥が溜まっていた。
バケツ半分ほどとれる。
中央にミミズ塚もできていた。
ミミズ塚ができる条件はどんなものなのだろう。
また観察しなくては。

青トマトたっぷり

2段目

約6cm

3段目

液肥トレイ

ミミズ塚
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。