スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6月19日(水) 晴れ 1年4か月目 
日本がW杯でベスト8進出を阻まれた昨日は涙雨のように1日中ひどい雨だった。
翌朝は台風一過のように澄み切った空。
トレイの上も雨水が溜まっている。
それを有効に使うように考えつつ蓋を開けるとミミズが新聞紙の上で蠢いている。
雨が好きなのはわかっていたがこんなにまとまって目立つところにいるのは初めて見た。
慌てて写真を撮る。
ミミズの身体には小さい虫がたかっている。
何の虫かは不明。


白い点は謎の小さい虫

夕方覗くとミミズはまた新聞の下に戻っていたが,一部のミミズはまだそこにいた。
だが明るい日差しを受けてさっと隠れる。
よく見ると新聞紙の中央に穴を開けて出入りしていたのだ。
その仕種がなかなか可愛い。
スポンサーサイト
6月13日(木) くもり時々雨 1年4か月目 
11日に梅雨に入ってから急に涼しくなった。
毎日晴れていた時は雨が欲しいなどと思っていたが雨が続けばそれはそれで困りもの。
わがままなものだ。
しばらくはミミズが好む季節だろう。

ミミズを飼い始めて1年余。
今頃になって重大な勘違いに気付いた。
毎日せっせと与えている餌は食べられる量を与えるのではない。
残菜をあるだけ入れれば徐々に堆肥に変わっていくのだ。
トレイが満杯になったら,一番下のトレイを空にする。
そして真ん中を一番下にして,いままで上で餌を置いていたのものを真ん中にする。
空にしたトレイを一番上にしてまた餌を置く。
そうしているうちに真ん中の餌は徐々に食べつくされて堆肥になる。
それに気付いてからは多目に残菜を入れるようにしている。
キャベツの外葉など大きいものが出ると嬉しくなる。
それをざくざくと刻む。
中国産のほうれん草は入れないが,残留農薬に気をつけてきちんと洗ってから刻む。
農薬には気をつけるようにとマニュアルにも書いてあった。
グルメなミミズにはなって欲しくないが。
6月2日(日) 晴れ 1年4か月目 
朝,ミンミンゼミの声で目が覚めた。
まさか,まだ6月の初めだよ。
しかし空耳にしてははっきり聞こえる。
家族に訊くと亭主は夢の中で知らず,次男も知らないと言う。
長男だけが聞いたという。
仲間がいて嬉しいがなんとなく信憑性に欠ける仲間だ。
もうじき梅雨入りのはずだがいい天気が続いている。
今日の気温は30度近かった。
暑い。
ミミズの餌の上に被せた新聞も油断するとすぐに乾いている。
慌てて水をだばだばとかける。
ミミズは元気に毎日餌を食べて堆肥作りに励んでいる。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。